top of page

​部門紹介

​看  護  部

看護師長よりごあいさつ

■理念

「感性豊かなサービスですべての人に感動を与えます」

 私たちは専門職である前にひとりの人間です。人として、笑顔、優しさ、あたたかい言葉、行動すべてに思いやりと 責任を持ち、ホスピタリティ、伝わるサービスを心がけます。 そして、すべての人の心を癒し、満足していただけるよう努めます。

■基本方針

1)すべての人に安心・安全な医療環境を整え提供します。

2)看護の役割を自覚し、多職種と協働しながらチーム医療を推進します。

3)組織人として主体的に学び、医療人として専門的能力を高めます。

4)人々のニーズを先読みし地域社会に貢献します。

5)効果的、効率的に病床管理を行います。

 理念、方針を達成する為に大切なことは、働き続けられる職場環境を作ることです。まずは、私たち自身が仕事を楽しむこと、生き生きと働き続けることが前提となります。職員の満足は看護・医療の質を高め、患者様の満足、安全・安心な医療環境の提供、経営の安定に繋がります。

 

■看護体制

患者様本位で24時間365日、ベッドサイドケアのプロ集団として、安全・安心な医療環境を整え提供しています。

​多職種と協働しながらチーム医療を推進し、感性豊かにベッドサイドケアの充実に努めています。

■回復期リハビリテーション病棟の特

 回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的・

心理的なサポートが必要な患者様に対して、多くの専門職種がチームを組み、集中的にリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で、自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

​ 当院では、入院時から退院後の生活環境を知るために、自宅訪問を実施しています。

環境を把握することで必要なADLを知ることができ、情報から看護師やセラピストは早期に目標を立案することができます。

 

 ご家族が来院された時には状態を報告し、患者様・ご家族様を含め、目標に向かって入院生活を送っていただきます。元気に歩いて帰る姿を見ることができるのも、回復期リハビリテーション病棟の大きな特徴だと言えます。

 また自宅に戻られた方々がどのように生活されているのかを確認することも振り返りとして切にしています。

■看護活動

1)チーム活動

 患者様、医療従事者共に安心で安全な医療環境を作るため、各部門と連携・協働しながら組織横断的に活動を展開しています。

 (1)医療安全管理重大事故発生時の初動対応と事例調査、インシデントレポートの集計・分析・対策立案、各種安全管理マニュア  

    ル・指針等の整備と改訂、安全管理に関する研修の企画・運営など、各部門のリスクマネージャーと連携し活動しています。

 (2)感染制御医師・薬剤師・検査技師・事務職員・看護師などで構成され、部署ごとの抗菌薬の使用や検出菌の状況把握、感染対   

    策実践状況の確認、標準予防実践の推進、感染対策に関する研修の企画・運営など、感染の発生を未然に防止、拡大しないよ 

    うに対策を講じています。

 (3)NST・褥瘡対策チーム

    多職種が各々の立場から専門技術や実践知を活かして、褥瘡予防、褥瘡の早期治癒に向けて、患者様の入院目的に沿った褥瘡

    管理を提供しています。

■教育体制

1)教育理念  

 法人の理念、看護部の理念・方針が達成できる人材を育成します。

 人として感性豊かに成長し、私たち自身が輝き、創造性あふれる魅力的な人材を育成します。

2)教育方針

 (1)個々の学習ニーズと目標を尊重します。

 (2)キャリア開発を通して専門職業人としての成長・発達を支援します。

 (3)個々で主体的に能力開発を行い、自律性が養えるよう支援します。全人教育を基本と倫理観を高め、個人と組織が成長できる

    環境とサポート体制を整えます。 

3)キャリアアップ支援

 (1)看護基礎教育

 (2)ジェネラリストコース

 (3)教育関連コース

 (4)地域看護コース

 (5)専門看護師・認定看護師コース

 (6)看護管理者コース

​ (7)復職支援研修

​ 個々の看護実践能力・専門能力を高めることは、看護の質を高め患者様の満足、安心・安全な医療の提供に繋がります。

キャリアアップ支援は目標管理のもと、自分に合わせて自分で選択することで無理のないキャリア開発が構築できます。

さらに自分に磨きをかけて自分自身を輝かせてみませんか。

■教育プログラム

1)新人教育看護師として職場にスムーズに適応できるようプリセプター制度を導入しています。

 プリセプターは、新人看護師の特性や現場の状況に合わせて、良き相談相手、身近なロールモデルとして基本的な看護技術の指導を

 行います。

①ねらい

 看護師として臨床現場に慣れ、指導を受けながら看護実践ができる。また、看護の役割を理解し、組織人、専門職業人としての意識  

 を高め職場への適応を図る。

②主な技術研修項目(別途シラバスあり)

 ・移動、移乗介護・良肢位保持とポジショニング​・褥瘡予防、スキンケア・口腔ケア、食事介助・輸液、シリンジポンプ

 ・採血、聴診、吸引 

③主な基礎研修項目(別途シラバスあり)

 ・バイタルサインとフィジカルアセスメント・呼吸、循環の基礎・心電図の理解・薬剤、輸血の医療安全の知識・救急蘇生法Ⅰ

 ・感染対策の基本・看護倫理Ⅰ・看護過程Ⅰ・看護研究Ⅰ・接遇、マナー・コミュニケーション・ストレスマネジメント

 ・交流教育(部署、ER、ICU、手術室)・フォローアップ

2)プリセプター教育 

①ねらい

 患者の個別性に応じて看護を提供できる能力を高める。また、学生、後輩指導のための知識を学ぶ。

②主な研修項目(別途シラバスあり)

 ・プリセプターシップ ・プリセプターフォローアップ ・フィジカルアセスメントⅠ ・医療安全Ⅰ ・看護倫理Ⅱ

 ・看護過程Ⅱ ・看護研究Ⅱ ・専門分野の基礎 ・救急蘇生法Ⅱ ・コミュニケーション技法

3)リーダー・臨床指導者・技術指導者教育

①ねらい

 日々のリーダーとしての実践能力を高める。

②主な研修項目(別途シラバスあり)

 ・リーダーシップ ・臨床指導者 ・技術指導者 ・フィジカルアセスメントⅡ ・医療安全Ⅱ 

 ・アサーティブコミュニケーション技法 ・コーチング ・問題解決技法Ⅰ ・対人関係Ⅰ ・マネジメントⅠ ・看護倫理Ⅲ

 ・看護過程Ⅲ ・看護研究Ⅲ ・現任教育論Ⅰ ・看護理論Ⅰ

4)認定看護師・ジェネラリスト教育

①ねらい

 専門領域を高める教員指導や管理が行える。また、チームリーダーとして実践面での専門性を高め管理について学ぶ。

②主な研修項目(別途シラバスあり)

 ・専門領域における研修 ・フィジカルアセスメントⅢ ・安全医療Ⅲ ・問題解決技法Ⅱ ・対人関係Ⅱ ・マネジメントⅢ

 ​・看護倫理Ⅳ ・看護過程Ⅳ ・看護研究Ⅳ ・現任教育論Ⅱ ・看護理論Ⅱ

5)マネジメント領域・看護師長・主任教育

①ねらい

 チーフリーダーとして職員の指導ができ、管理能力を高める。中間管理者としての目標設定、管理実践、評価ができる。

②主な研修項目(別途シラバスあり)

 ・看護管理概説 ・看護組織論 ・看護マネジメント論 ・看護における人的資源活用論 ・看護情報管理論 ・看護経営経済論 

 ・看護制度政策論 ​・看護管理学研究

bottom of page