top of page

​病院紹介

​看  護  部

​現在募集中の職種などあればこちらに

■外来看護師のスケジュール(8:30~17:30)

8:30~12:00

 診察室の準備、配置確認
 外来診療補助業務
12:00~13:00 

 昼休憩
13:00~17:30

 曜日によっては大腸内視鏡検査や胃瘻カテーテル交換、

 皮膚科のオペなど検査や処置がある日も

■外来看護師のスケジュール(10:00~19:00)

10:00~

 記載内容確認
時間確認 

 昼休憩
16:00~19:00

​ 外来診療補助

■病棟看護師のスケジュール(8:30~17:30)

8:30~ 出勤、申し送り
9:00~ 検温、処置、入浴、リハビリなど
11:30~12:30 前半組休憩 

     その間昼食前の血糖測定など

12:30~13:30 後半組休憩  

                その間食事介助など

13:30~ カンファレンスなど

16:00~ 記録など

17:00~ 夜勤者へ申し送り

​17:30~ 退勤

■病棟看護師のスケジュール(夜勤:17:00~9:00)

17:00~ 出勤、申し送り 患者様の情報収集
17:30~ 病室訪問 
18:00~ 夕食準備、夕食
19:00~ ラウンド 検温、処置
   (20:00までに交替で食事を摂ります)
20:00~ カルテ記入、当直医師への報告
20:30~ 就寝準備
21:00~ 交代で2時間の休憩
     ナースコール対応、0時、2時、4時のラウンド
     オムツ交換、体位変換など患者様に合わせたケア
5:00~ 患者様が起きる前にラウンド準備
6:00~ 患者様起床
7:30~ 介護職員による嚥下体操
7:45~ 朝食準備、朝食
8:
40~ 日勤者へ申し送り
9:00~ 退勤

​【先輩たちの声】全て4年前に作成した当時のまま記載しています ご確認ください

■外来看護主任(藤森主任)

わたしたちは地域の皆様へ安心で安全な医療・看護サービスの提供はもちろん、病院と地域をつなぐ要であることを認識し、

「地域の皆様のニーズに応えられる」

「木村病院の外来に行くと安心する」

​「何かあったら木村病院の外来に行けば大丈夫!」と信頼していただける、地域密着型の外来でありたいと思っています。

■病棟介護主任(佐藤主任)

 回復期の魅力はズバリ!患者様が良くなっていく過程を見ることができるということです。

  患者様の生活の場である病棟では、生活の動作全てがリハビリになります。

 その病棟生活での私達の関わり方が患者様の能力向上に大きく作用し、そういうところに回復期で働く責任を感じると共にやりがいや楽しさを感じます。

​ 「出来ない事を手伝う」だけの介護ではなく、「専門職」としてやりがいを感じられる当院で一緒に働きませんか♪

​■病棟看護主任(大池主任)

今年度の目標に「挨拶」「笑顔」「コミュニケーション」

​「情報共有」を掲げました。

​ 看護師は、どんな場面においても患者様に安心感を与えられることが、病院内での大きな役割です。

 笑顔を絶やさないためには、仕事を楽しいと思えることであり、そのために必要な楽しい職場・働きやすい職場を、スタッフと共に作りあげています。

 当院の病棟は回復期リハビリテーション病棟です。

​ 病棟看護師の役割として、「自宅に戻り、安心した生活が送れるように退院支援を行う」ことが重要です。

 退院支援看護師、社会福祉士も共に病棟内で勤務し、すぐに患者様についての相談が出来る環境が整っています。

 看護師による退院支援は、疾患から日々の生活にまで及びます。

入院初日から、在宅復帰に向けた関わりを開始します。

​急性期病院から手術後2日目に、当院に転院してくる方もいらっしゃいます。痛みをコントロールしながらリハビリを開始し、退院時には歩いて笑顔で手を振って帰られる患者様がたくさんいらっしゃいます。

その笑顔が私たちの看護が評価された瞬間であり、とてもやりがいのある楽しい職場です。 

 是非見学からでも、まずは一歩当院に近づいてみてください。

■病棟介護主任(多田主任)

回復期リハビリテーション病棟での介護士は、食事・排泄・入浴介助のみならず、その方の生活をイメージしてケアを行っています。

 ケアの中で元気になって頂き、その方のやりたいことが少しでもできるようになり、生活の中で少しでも笑って楽しく過ごして頂く。そのような中で私たち介護士も何かを学ぶことができるのです。

​ 多職種・他部署のスタッフたちと自立支援のためのテクニックを勉強し、実践できる介護士を一緒に目指しましょう

bottom of page